アパート投資の考え方

アパート投資の考え方

アパート投資の基本的な考え方ですが、まずは投資物件を確保するところから投資が始まるわけですが、不動産ですから安い買い物ではありません。大金が必要です。

例えば1500万円程の物件を投資用に確保しようと思いましたら現金で出せれば理想的ですが、現実的には自己資金500万+アパートローン融資1000万円みたいに投資資金を用意するのが現実的かと思います。

そこでアパート経営の家賃収入から税金や必要経費を差し引いたモノが利益として残る事になる訳です。

通常はアパートローンで確保する金額は極力抑えて自己資金を充当しますが、最近ではフルローンといって全額をアパートローンでまかなうケースも増えているようです。

多分金融機関も複雑でしょうね。米国発サブプライムパニック以降は貸し渋りも増えていますし、当然アパートローンも例外ではないと思います。

本当は優良貸出先は欲しいはずですが、金融危機の影響もあって自己防衛にも必死ですからね。

だんだん不動産の底打ちが見えてきたような報道もありますが、実際のところは良く分かりません。私は実際にアパートを利用する客層の懐事情は回復してるとは思ってませんが・・

しかし投資の世界は誰もがそう思う時期にチャンスがあるのも事実です。今後アパートローンを積極的に売り出す金融機関も出てくるかもしれませんね。



参考サイト※外部リンクです



スポンサードリンク

Copyright © 2007 アパートローンとは?トップへ All rights reserved.
- テンプレートマジック -