アパートローンの種類色々

アパートローンの種類色々

一言でアパートローンといっても色々な種類があります。


大きく分けると普通のアパートローン(リコースローンいわゆる普通のローン)と ノンリコースローンというのが存在しています。


普通のアパートローンは借り手の資産や収入、物件の収益性などから返済能力を精査したり、 連帯保証人などの人的担保や不動産などの資産担保を求められたりです。


そしてローンの返済が不能になった時は融資対象物件や借り手の資産から連帯保証人にまで返済義務が及ぶローンとなっています。

そしてノンリコースローンですが、通常の私たちのいわゆるローンの感覚とは全く違い、 融資対象物件の収益性やその市場価値を重視するのです。


マーケットが加熱状態にある時などはこノンリコースローンが乱用されそうなイメージですね。


ローンが弁済不能になった場合も責任財産以外にその他の保有資産から返済を求められる事はありません。


融資対象物件を手放すだけで借金を清算出来るローンという事になりますね。


デメリットは当然あって、不動産の保有のみを目的とするペーパーカンパニーの設立を迫られたりですとか、 当然ですが金利が高くなったりといった感じですね。


金融機関がリスクをとってのアパートローン形態となっている訳ではありますが、 金利の設定などを考えてもどちらが有利かは一概にはいえないのでしょうか?


他にも色々な融資形態があると思いますが、要検討というところでしょう。

関連記事

参考サイト※外部リンクです



スポンサードリンク

Copyright © 2007 アパートローンの比較トップへ All rights reserved.
- テンプレートマジック -